図書館危機(有川浩)の書評/レビュー


 図書館危機(有川浩)の作品の書評/レビューを掲載しています。

関連作品の書評/レビュー
図書館内乱 図書館危機 図書館革命

図書館危機

花言葉にこめられた想い
評価:☆☆☆☆☆
 表紙を開いて、目次を読んでぶっ飛んだ。それを目次に書いちゃうのか、というツッコミを入れてしまった。いずれは、と思っていたけれど、ここでそれが訪れるとは思っていなかった。
 今回のエピソードで一番良いと思ったのは、図書隊の徽章の経緯について。登場人物たちは直情径行型が多くて、空気もほのぼの、ゆるゆるになることが多いのに、ポイントポイントでこういう空気を引き締める話題が出てくるところが好き。ピンと一本筋が通るような。これを書きたくてあの徽章にしたのだろうなあ。
 題名の通り、色々な危機が登場しました。あとがきによると、もう1冊出版されるようです。作中の社会構造を変えるような動きも生じてきました。今回発覚した危機がどう回避されるのか。続きが気になります。

   bk1
   
   amazon
   
有川浩作品の書評一覧

ホーム
inserted by FC2 system