入間人間作品の書評/レビュー

項目 内容
氏名 入間 人間 (いるま ひとま)
主要な著作

 入間人間さんの作品の書評/レビューを掲載しています。

トカゲの王 (5) ―だれか正しいと言ってくれ―

迷いながらの前進
評価:☆☆☆☆★
 新興宗教の教祖となり、宿敵であるシラサギと戦う力を手に入れたつもりの五十川石竜子だったが、シラサギからおっぱいを触らされたことで、一気に恨みの気持ちがしぼんでしまう。
 その呪いを解くため、劇薬としか思えない巣鴨涼の家に向かい、おっぱいを触らせてほしいと懇願するのだった。

 手のひらに残るおっぱいの記憶をおっぱいで上書きし、ようやくシラサギへの敵愾心を取り戻した五十川石竜子は、元AV女優の猪狩友梨乃こと鹿川遊里の協力を得て、信徒たちの信仰を高める儀式を執り行う。
 さらに権威づけを行うため、人材スカウトに向かった五十川石竜子は、その先でナメクジこと米原舞衣と再会することになるのだった。

 一方、舌を切り取られた鹿川成実は、シラサギにより着実に懐柔され、洗脳されつつあった。

トカゲの王 IV ―インビジブル・ライト―

不幸は突然やってくる
評価:☆☆☆☆★
 元AV女優の猪狩友梨乃こと鹿川遊里は、ナメクジこと米原舞衣と行動を共にしていた。巣鴨涼に深い殺意を抱くナメクジだったが、辰野浅香に興味をもたれたことで、ミミズに身柄を狙われることになってしまう。
 一方、倉科康一の新興宗教を乗っ取った五十川石竜子だったが、巣鴨涼にまた監禁されたり、突然訪ねてきたシラサギに連れまわされることになったり、またもやトラブルの中に入り込んでいくことになる。そして鹿川成実もまた、カワセミに命を狙われていた。

 ああ、普通の中学生だったはずの鹿川成実は、悲惨な道に踏み込んでしまったなあ。無慚すぎる。一体何が悪かったのか?運なのか、仲良くなる人間を間違ったのか、身内のせいか、難しいところ。このまま救いないルートに入っちゃうのだろうか。
 一方、シラサギは神様から人間に下りてきて、トカゲを困惑させる。こっちも奇妙なルートに入っちゃった感があるなあ。

トカゲの王 (3) 復讐のパーソナリティ 下

表舞台へ強制登場
評価:☆☆☆☆★
 元AV女優の猪狩友梨乃にして鹿川成実の姉である鹿川遊里と共に、超能力に興味を持つ倉科康一に拉致された五十川石竜子は、殺し屋ミミズこと清水に拷問され、放り込まれた牢獄で海亀産太郎という少女と出会う。一方、鹿川遊里を助けようとして失敗したナメクジは、なぜか鹿川成実を保護する流れとなり、白ヤギやトンボという殺し屋と対峙することになってしまう。
 そんなナメクジの恨みを一身に受ける巣鴨涼は、殺し屋カワセミとゲームをしつつ、時を待っていた。それは、両親が入信する宗教の教祖であるシラサギに復讐しようとする五十川石竜子が登場する舞台が整う時だ。

 目の色が変わるというだけの役に立たない能力しか持たない主人公は、お金持ちの変態少女に見初められ、散々に困難を投げつけられる人生を歩むことになってしまった。本人に能力がない以上、能力がある人の力を借り、自分を大きく見せなければ、他人を従えることは出来ない。そんなはったりだけで、数々のピンチを乗り切っていかなければならない。
 そして、雑魚キャラっぽかったナメクジは、なぜか次々と刺客を返り討ちにし、物語の中心地帯に頑張って居座り続けている。トカゲと同じように特別な力を持たない彼女の復讐は、トカゲよりも困難な道となろう。

トカゲの王 (2) ―復讐のパーソナリティ 上

トラブルの輪が重複するとき
評価:☆☆☆★★
 瞳の色が変わるだけの超能力とハッタリで何かを成し遂げようとしたものの、本物の超能力の前には何もできなかった。右目を失った五十川石竜子は、再起する方向性を悩みつつ、ネットでオセロをするという、絶賛引きこもり中だった。
 たまに訪ねてくるのは鹿川成実と、超絶お金持ちでかなりぶっ飛んでいる巣鴨涼くらい。そして今朝目を覚ますと、自室で猪狩友梨乃主演のAVを見ている巣鴨がいた。

 戦う能力がない以上は、戦える人間を雇うしかない。そのためにはどうやってお金を手に入れようか?そんな悩みを抱えつつ、またもやネットでオセロをしていたところ、その相手が彼の部屋を襲撃し、拉致されてしまう。
 一方、巣鴨に深い恨みを抱く殺し屋の少女ナメクジは、巣鴨に復讐する機会をうかがいつつ、生活のためにバイトを探したりしていた。

バカが全裸でやってくる Ver.2.0

本文中で感想が語りつくされている
評価:☆☆☆★★
 これなんで続編出したの?でもヒロインかわいい。(本文より)
 「ほぅほぅ。バ○マンみてーだな」「あー、つまりバクショー?」(本文より)

 これで大体内容が分かる。作家デビューした僕は、甲斐抄子を師匠と仰ぎ?、伊次原幸子をライバルとして、デビュー後の執筆に勤しんでいく。伊香亜紀、橘川英次、芦原時計、町高幸喜、甲斐抄子という作家が僕のことを描いた短編という体をした、私小説風のフィクションだと思う。
 ツンツン甲斐抄子がほんのかすかにデレて、僕に対して無防備すぎるところが、ありえないけれど、よい。まあ、大人の事情が多分に働いたんだろうな、ということが分かる作品だろう。

トカゲの王 (1) SDC、覚醒

いろんな意味でちょっといやらしい
評価:☆☆☆☆★
 五十川石竜子は、目の色がクルクル変えられる能力を持っている。特に役には立たない。せいぜい、ギアスごっこが出来るくらいだ。何故こんな能力を持つことになったのかは、とんと想像もつかない。
 この能力のせいもあって宗教にはまっている両親が嫌いなので、なるべく家には帰りたくない。友人の鹿川成実とモスバーガーで時間を潰している時に見かけた同級生の巣鴨涼、そして白づくめの少年カワセミとであったことが、彼の人生を非日常の方向へ誘って行く。

 なぜか全編プロローグなので、本章は次巻以降ってことなの?正直言って、色々と設定が混じりすぎていて、よく分かりません。あれとかこれとかそれとか。いろんな意味でちょっといやらしい。
 でも、終わり方は嫌いじゃないです。

僕の小規模な奇跡

文庫化に際して後日談を収録
評価:☆☆☆☆★
 大学生の僕は、余命一ヶ月の身で、ずっと好きだった人妻に告白しに出かけた。そしてその通り道の靴屋の前で、ナイフを振り回すサラリーマン風の通り魔に腕を刺されてしまう。それでも告白は決行し、予想通りあっさりとふられてしまうのだが…。

 そして二十年後。俺は大学で一目ぼれした彼女に告白するも、あっさりとふられる。それでもつきまとう俺に対し、彼女は条件付きで付き合うことを了承してきた。ただし条件が多い。隣を歩くのも駄目。一緒にご飯を食べるのも駄目。夜に会うのも駄目。そして、彼女をストーカーから守ること。

 一方、私はニートからフリーターに昇格し、靴屋でバイトをする。そしてそこに毎日靴を買いに来るハンサムな男と関わることになる。それは、彼の絵の完成を手伝うこと。絵を志し、リタイアした私にはなかなか荷が重いタスクだ。それでも惚れた弱みか、その手伝いをすることになる。しかし、その手伝いとは…。

 一本の錆びたナイフと靴屋が結びつける、男女の群像劇。しかしこのネタ、文字だから成立するネタじゃなかろうか?音声化・映像化したら一発でバレると思うけど。
 文庫版のおまけとして、後日談「そのあと『きみはだれかと恋をする』」を収録している。

   bk1
   
   amazon
   

電波女と青春男 (8)

未来へのターニング・ポイント
評価:☆☆☆☆★
 出版順はこちらの方が先だけれど、内容的にはSF(すこしふしぎ)版を先に読んだ方が良いかもしれない。ニワルの説明があるのもあっちだし。br /> br />  丹羽真と藤和エリオの前に、昔のエリオのような格好をした小さな子ども、リトルスマキンが現れる。その出現に触発されたエリオは、またもやスマキになってみたり、リトルスマキンに対して師匠として振舞ってみたり、再びマコトは振り回される生活に戻る。だがそんな面倒を、少しは楽しんでみたり。br />  そしてリトルスマキンの挑発は、藤和エリオのひとつの宣言を引き出す結果となる。これが未来へどんな影響を及ぼすのか?マコトの妄想ではない、みんな幸せなEnding No.1へ向けた歩みが始まる。br /> br />  もうちょっと、御船流子や前川さんをいじりたかった。今回はダブル・スマキンがメインだからなあ。br />
   bk1
   
   amazon
   

電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版

これもまたひとつの可能性
評価:☆☆☆☆★
 出版順は8巻の方が先だけれど、内容的にはこちらを先に読んだ方が良いかもしれない。ニワルの説明があるのもこっちだし。

 1巻をいま作り直したらこうなる、という様なお話。スタートとゴールはほぼ同じ。ただしルートが違います、という内容になっている。この巻を読んで1巻を読んでいない人はいないと思うので書くが、つまり、引っ越してきた丹羽真がスマキの藤和エリオと出会い、自転車で海にダイブするというところは変わらない。
 微妙に異なるのは、星宮社が脈絡もなく登場してくるところや、引越し後も星中小海と電話のやりとりが続いていること、リュウシさんや前川さんと仲良くなる過程がことなること、などだろう。描写だけ見ると、星中は丹羽真の脳内にしかいないんじゃないかと勘繰りたくなってしまう。

 なぜいまリメイクなのかと、アニメとの関係だろうかとかいろいろ考えたが、一応、8巻とのつながりもあるらしい。

   bk1
   
   amazon
   

電波女と青春男 (7)

深まる関係、失われる関係
評価:☆☆☆☆★
 今回は次への展開を含めた番外編という位置づけになっているようだ。丹羽真の妄想エピソード短編が6本と、青春女(初心者)の日常を描いた短編で構成されている。

 妄想話の方は、もしも○○と付き合っていたら、という設定で、複数のエンディングが用意されている。「Ending No.4 丹羽さん」は前川さん、「Ending No.3 幸せのはんぶんこ」はリュウシさん、「Ending No.2 宇宙人の見守る町、の地球人」はエリオを選ぶ。
 「Bad Ending No.1 電波男」はマコトをある出来事が襲う話。「Ending No.2559 宇宙服は蚕の夢を見る」は数百年後の話。「Ending No.5 女々たんと一緒」はオチる話。
 そして現実に戻って来たマコトと、エリオ・前川さん・リュウシさんでカラオケに行く、「Chapter 7 せーしゅん女(初心者)の休日」という構成になっている。

 モテモテ主人公がヒロインの誰かを選ぶ未来は、可能性の縮退なのか、あるいは堅実な幸福なのか。もしかすると悪夢かもしれない。でも今はまだそんな段階ではない。全ての可能性を保っておきたいというのが、偽らざる本音なのだろう。
 だがそれもいつまで続くのか。新しい波乱の種が蒔かれそうだ。

   bk1
   
   amazon
   

電波女と青春男 (6)

これまでの伏線が結実したストーリー
評価:☆☆☆☆★
 マコトにとって青春ポイントの大量獲得を目指す文化祭が始まる。前野さんを手伝い、リュウシさんと校内を巡り、噂で聞いていた人を目撃し、という感じで過ごしている間に、こっそりと文化祭を訪れていたエリオは、過去の自分が残したものを感じたり、嬉しい想いをして、青春女への道を歩んでいた。
 そして、とある人物が準備したメインイベント、エリオのための文化祭が始まる。

 前巻以前の登場したキャラが再登場したり、MW文庫作品とのコラボがこっそり行われているようだったり、連続刊行中ゆえのテンションの継続が見られる気がする。
 ここで最終巻と言われても不思議ではない様な、これまでの伏線が結実したストーリーになっている。でも、そうやってエリオに注目が集まった分だけ、マコト周辺のドタバタはいつもよりおとなしい。

   bk1
   
   amazon
   

バカが全裸でやってくる

やって来たのはどなたでしょうか
評価:☆☆☆★★
 小学生の頃から一人で小説を書きためてきた僕が、学科の飲み会に全裸で乱入してきたオレと出会ったことで、同級生で作家の甲斐抄子には才能がないから諦めろと罵られながらも、表舞台に出るために行動を開始する。
 というのが第一章で、幕間に選考会議の様子をはさみながら、章ごとに作家(志望)の物語が進行する。二章以降の詳細を書くとネタばれになる気がするので差し控えるが、最後まで読めば、オレが全裸で飲み会に来た理由と、一章の最後で甲斐抄子が何を叫んでのかは分かると思う。

 単純に面白いと言えるかは分からないが、まるで作者自身のことを書いたかのように感じさせるところが自伝的で小説的であるとは思う。

   bk1
   
   amazon
   

多摩湖さんと黄鶏くん

おバカな掛け合い
評価:☆☆☆☆☆
 舞台は「電波女と青春男」とリンクしている。彼らと同じ学校に通っている、高校二年生の黄鶏(かしわ)くんと、19歳の高校一年生多摩湖さんのカップルイベント集。

 学校や家や旅館で繰り広げられるのは、多摩湖さんが徹夜で考えて来たカードゲームと称するもの。徹夜というところがミソで、考えるのが面倒になったのか、理性が溶けてきたのか、隙だらけのゲームが展開される。つまり、なんかエロい。
 黄鶏くんが守りに入っていたかと思いきや、ふっ切って大胆な攻めに出たり、攻守が入り混じりながら、おバカな掛け合いが繰り広げられる。

 ここまで振り切った話を堂々とやられると、特に意味はなくても面白い。

   bk1
   
   amazon
   

電波女と青春男 (5)

フルキャスト出演
評価:☆☆☆☆★
 夏なので水着ということで、大体フルキャスト出演。エリオが大分普通の人に見える。リューシさんが少し空回って、前川さんがちょっと攻めた感じ。女々さんはいつも通りです。

   bk1
   
   amazon
   

六百六十円の事情

一歩を踏み出す
評価:☆☆☆☆★
 中学生の時のモヤモヤを抱えたまま大人になり、いまも空き地で一人ギターを引き続ける三葉由岐としっかり者の彼氏の丹羽静、食堂の手伝いをする女子高校生北本と本屋で万引きをする同級生竹仲、ニートのカップル各務原雅明と中家ソウ、そして、家出小学生と人生の目的を失ったおじいさん。同じ街で暮らす彼らは自分たちの日常を生きながら、時にすれ違い、そしてインターネットの掲示板を通じて出会う。  モラトリアムな人たちが、相手に憧憬や嫉妬など様々な感情を感じながら、いまある自分から少しずつ前に進もうとするオムニバス・ストーリー。
   bk1
   
   amazon
   

電波女と青春男 (4)

むかしのはなし
評価:☆☆☆★★
 高校一年生の時に御船流子が家出した時の不思議体験『家出基地』、中学生の前川さんの葛藤『初恋を見下ろして』、小学五年生のエリオが宇宙飛行士を目指していた頃『空への明日』、青春ポイントのきっかけとなった出来事『ぼくと彼女の月の距離』、みんなin本屋さん『E.R.O.』という5本立て。
 個人的には、丹羽真に絡むリューシさんや前川さんのストーリーが好きなので、いくつかは読んでいて疲れたかも。

   bk1
   
   amazon
   

電波女と青春男 (3)

真の常識がひっくり返る
評価:☆☆☆☆★
 一応社会復帰を果たしつつあるエリオの代わりに、星宮社という宇宙服を着用し宇宙人&超能力者を名乗る少女が登場し、何故かエリオと真に絡んで来る。かつてのエリオを思い起こさせる行動に、青春ポイントのマイナスを感じる真だが、前原さんやリュウシさんとのプラスイベントも数多く発生し…。

 エリオ、リュウシさん、前原さん、宇宙人と、それぞれの少女の役割がきっちりと分かれているので、分かりやすい。延々と続く草野球の試合は少しダレさせるけれど、回数が多いことにも意味があるので大丈夫だと思う。
 最後にこれまでの真の常識をぐるっとひっくり返す出来事が起きるけれど、やっぱり次からの展開に関係してくるのかな?

   bk1
   
   amazon
   

電波女と青春男 (2)

女々さんの世界
評価:☆☆☆☆★
 エリオが社会復帰をすると言い出し、真もその手伝いをすることになる。だが、街中に彼女の奇行が知れ渡っているので、どこも雇ってはくれない。幸い、女々さんの仲介によって、おばあさんが経営する駄菓子屋さんの店番を務めることになる。真の方も、マイナス要因は多々あれど、リュウシさんと前川さんによって、青春ポイントを積み上げていくのだった。
 リュウシさんや前川さんの視点で起きた出来事を、女々さんを接点にして紡ぎ上げていく。エリオの社会復帰も重要なんだけれど、女々さんにとって見ればそれは目的の一つでしかなく、という感じの物語。拙いながらも試みずにはいられない憑き物落しだったのだろう。

   bk1
   
   amazon
   

電波女と青春男

劇薬投入
評価:☆☆☆★★
 都会の高校に転校して来た丹羽真が叔母である藤和女々のお宅にお世話になることになる。叔母の一人暮らしだと聞いていた家には、何故か布団ですまきになって生活する娘、藤和エリオがいた。自分は宇宙人である!とのたまうエリオに困惑する真は、青春ぽさを評価する自分基準の青春ポイントが彼女により低下する気配を感じる。だが、転校先の高校では早速、御船流子と前川さんという二人の女子と知り合い、青春ポイントの高騰に期待を感じさせる展開も待っていた。

 布団に引きこもる従妹のエリオを適当に引っ張りまわしつつ、クラスメイトからほのぼの分などを補給して、自分の生活環境を改善していくのが真のミッション。クラスメイトや叔母を使って、明るく軽く回していくのだが、エリオが意外に重たいので、若干空回りしている様な感じも受ける。
 また、言い回しの誤用や、九版にもなって誤植が多いのは結構気になった。

   bk1
   
   amazon
   

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん (3) 死の礎は生

もどれない、もどれる、もどれない
評価:☆☆☆☆★
 行方不明だったみーくんの妹が登場。いきなりミンチ殺人の容疑者扱いです。
 みーくんの妹は、みーくんにとって過去の象徴のようなもの。シアワセとは言い切れなかったかもしれないけれど、監禁事件で壊れる前の関係を今に届けられる唯一の人物。一方で、まーちゃんは壊れた後の象徴。明らかにまーちゃん側に寄っているみーくんの選択が変わるか否かという点が一つの見所かもしれない。
 今回は二人の学校での人間関係にも注目。

   bk1
   
   amazon
   

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん (2) 善意の指針は悪意

事件の動機は
評価:☆☆☆★★
 前巻でかなり閉じた結末を迎えたので、正直言ってどのように展開させるのか分からなかったのだが、新たな人物が登場してきました。長瀬透。みーくんの元彼女という設定。
 こうなると、みーくんは幼少期の事件後、どういう立ち位置で生きて来たのか良く分からなくなってくるなあ。まーちゃんらぶと言いながらも、浩太&杏子誘拐事件が起きるまではその存在と関わることなく、長瀬らぶで生きていた時代もあったことになってしまう。そうなると、みーくんは本心では今でも普通の生活がしたいのだけれど、色々な事情があってそれができないから、代替案としてまーちゃんとの暮らしを求めているんじゃないの、とも思えてくる。でもそれって、まーちゃんの記憶が戻ることを恐れていることと矛盾するしねぇ。まあ、透が登場してくるのには、それなりの理由があるわけだけど。まだまだ過去にとらわれ続けます。

 お話的には、(恋日先生の実家の病院に)入院中のみーくんと、後追い入院したまーちゃんが病院で(自然死ではない)死体に遭遇する、というもの。そしてまた犯人と対峙する。
 過去の事件に関係する展開もあり、新たなキャラとして看護師さん(おそらく、らぶみさんと言う名前だろう、きっと)も登場するという、前巻の正統的な続編。

   bk1
   
   amazon
   

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸

ある単語がタブーになっている理由は
評価:☆☆☆★★
 まずこの本を手にとって驚くのは、カバー裏のデザインだろう。黒字に朱色で様々な文中のセリフがデザインされており、異様な印象を醸し出す。赤ではなく朱にしたのは、少し躊躇があったのかもしれない。そして内容。これも一般的に言う普通ではない。
 舞台となるのは普通から少しずれた街。なにせ現在、連続殺人事件と小学生兄妹の誘拐事件が継続中。そして普通の高校に通う女子高校生、御園マユ、まーちゃんも普通じゃない。彼女は小学生の時に、幼なじみのみーくんと共に誘拐監禁され、現在は小学生兄妹を自宅に監禁中。それを察して自宅に乗り込んできたみーくんと共に、不思議な共同生活が始まる。
 幼少期の事件によるPTSD、連続殺人事件犯の動機、誘拐された兄妹がとどまる理由、そして幸せの形。様々な要素が、精神科医の恋日先生、刑事の上社奈月などを織り込みつつ、みーくんの視点で語られる。あえて一言で言うならば、子供の頃に犯罪に巻き込まれ心に深い傷を負い、その影響が今に現われてしまっている少年少女のおこした犯罪と、贖罪あるいは代償の物語。
(うがった見方をするならば、どこかのひな形を分かりやすく書き下した物語と言うこともできるかもしれない。)

   bk1
   
   amazon
   
サブカテゴリ内の前後の著作者 (あいうえお順)
井上 堅二 入間 人間 岩佐 まもる
ホーム
inserted by FC2 system