稲波翔作品の書評/レビュー

 稲波翔さんの作品の書評/レビューを掲載しています。

マネー&ウィズダム (4) 約束の地

素直な思い
評価:☆☆☆★★
 レムリア商会のバアル・フロムマーズの情報から約束の地で不穏なことが起きていることをつかんだ近江帝羅は、アウグレア商会会長のナオミ・アウグレア、大番頭のルカ・サルバトスの許可をもらい、賢者エレミヤ・サレジオやカリマと共に、約束の地へと向かった。
 精霊に見放され通常の術者は行使術が使えない地でくすぶっている技術者たちにやる気を出させ、海賊イシュカを仲間に加え、精霊の力を悪用する兵器を用いて侵略活動するモラムらから約束の地を解放しようとする。

 一方、行使術が使えなくなり悩んだエレミヤは…?シリーズ最終巻。

マネー&ウィズダム (3) -背教者は二度裏切る-

教義を協議
評価:☆☆☆☆★
 男性でありながら商売をしている近江帝羅は、敬虔な光神教徒であるマルタから、教義に違反しているとして異端の疑いをかけられる。
 司祭長ホセアがとりなしや、近江帝羅の演技によって何とか切り抜けられるかと思ったものの、マルタが背後にいる人物から入れ知恵をされ、結局、異端審問にかけられることになってしまった。そこには、光神教内での勢力争いと、他国の商会からの干渉があったのだ。

マネー&ウィズダム (2) ―反逆の敗北者―

貞操の行方
評価:☆☆☆☆★
 レムリア商会のバアル・フロムマーズがアウグレア商会を訪れ、近江帝羅を拾った場所の土地の所有権から、近江帝羅自身の所有権も自分にあると言い出す。直ぐには対応策が取れない申し出に、近江帝羅は一旦、バアルの持ち物ということになってしまう。  メイドのピネネと共にバアルに仕えることになった近江帝羅は、彼女が姉のガデレルから課された工場立て直しを手伝うことになる。これに失敗すれば、バアルは年上のおやじと政略結婚させられてしまうのだ。
 近江帝羅のことを心配する賢者エレミヤ・サレジオ、会長のナオミ・アウグレア、ルカ・サルバトスは、こっそり様子をのぞき見するのだが、彼がバアルに対して親身になっている様子を見て嫉妬するのだった。

マネー&ウィズダム -美少女商会の異邦人-

ハーレム目指して立身出世
評価:☆☆☆☆★
 超有名進学校で優等生生活を送りながらハーレム作りを目指していた高校生の近江帝羅は、ある日気づくと、異世界の森に倒れていた。そこで出会った賢者エレミヤ・サレジオに拾われ、アウグレア商会に連れて行かれた近江帝羅は、この世界の人間の男女比が1対10であると言うことを知る。
 リアルハーレム世界に浮き立つ近江帝羅だったが、実際は女尊男卑の世界で、商会の幼い会長ナオミ・アウグレアからは、エレミヤのペット扱いされてしまう。

 プライドを刺激された近江帝羅は、自らの立場を確立するため、現代の知識を使って身を立てようと努力を開始する。その最中、大賢者イズマールに興味を持たれ、エレミヤの従者となっているコユミ族のカンタと親しくなっていく。
 一方、ナオミの母亡き後、商会を一人で支えていたルカ・サルバトスから、バアル・フロムマーズと従者モラムが率いるレムリア商会により市場を奪われ、商会が存亡の危機に瀕していることを教えられるのだった。

 第5回GA文庫大賞奨励賞受賞作品だ。

ホーム
inserted by FC2 system