蒼木雅彦作品の書評/レビュー

鎌倉葵茶房

お茶の香りのする本
評価:☆☆☆☆★
 作家志望の田中耕平は、創作に行き詰まりフラフラしていたところを、鎌倉葵茶房というお茶の専門店に辿り着く。そこの主人は、霧島葵というのんびりした青年だった。
 そののんびりした青年の入れるお茶に心を救われた耕平は、その店に入り浸るようになる。バイトの女子高生の山本文や、葵をライバル視する天沢海斗、店の常連である高齢者たちとの交流を描く。

 紙をペラペラめくると抹茶の匂いが漂ってくるようだけれど、仕込んだのかな?

ホーム
inserted by FC2 system