U-CANの保育スマイルBOOKS作品の書評/レビュー

ユーキャンのまんが 保育者1年目の教科書

初めては何でも迷う
評価:★★★★
保育者という呼び方を知らなかったが、要は保育士のことらしい。つまり、短大などを出て保育士の資格を取得し、保育園などに就職した一年目の新人向けの本ということだ。
エピソード1〜17まで、新社会人が直面しそうなテーマ、例えば報告・連絡・相談が重要とか、上司や先輩に自分だけ厳しくされている気がするとか、顧客(保護者)にどう接すべきか、という様な事が、典型的な状況を数ページのマンガとして締めつつ、その対応方針を説くという構成になっている。2/3くらいはマンガなのであっさりと読める。

一応保育者1年目向けとなっているが、どの業界でも新人が直面しそうな事態ではあるので、他の業界の新社会人にも気づきになることはあるだろう。

ホーム
inserted by FC2 system