京都

【2005年】


日本 京都
第一回 三年坂(2005年11月23日水曜日)
 清水寺の参道から脇に入ると、祇園の方へと向かう、お店の並んだ小道があります。三年坂と呼ばれるところです。ふらふら散策するには結構面白いところだと思いますよ。


 ボクは冷やかししかしたことありませんけど、いろいろお土産物も売っています。




日本 京都
第二回 地主神社(2005年11月23日水曜日)
 清水寺の境内にある地主神社です。縁結びの神様として有名なところですが、ボクはこの階段を登っていったことはありません。


 だって一人で行くには何か寂しいんだもん。
日本 京都
第三回 清水寺(2005年11月23日水曜日)
 あれ、これは何で京都に行ったんだっけ?祝日だよね…。ああ、思い出しました。当時は平日だけ大阪で仕事をしていたので、中日の祝日にも当然ながら大阪にいることになり、本格的な秋の京都には行った事がなかったので、ちょっと出かけることにしたのでした。
 おけいはんに、ではなく、京阪電鉄に乗って、1時間くらいだったでしょうか。さすがに紅葉の時期だけあって、電車も街もバスもすさまじく混んでいた記憶があります。そんなバスから降りて参道の坂道を登っていくと見えてきました。


 清水寺の山門です。


 三重塔です。


 拝観料を納めて中に入ります。やはり綺麗に紅葉していますね。


 ボクが京都に来るのは冬が多かったので、紅葉は残っていても、少しの赤とほとんど茶色という感じでしたから、感慨もひとしお。


 どこを見回しても、綺麗に紅葉していますね。


 下には音羽の滝が見下ろせます。


 階段も人だらけ。まるで通勤時間帯の駅の階段のよう。


 向こう側に清水の舞台が見えます。こちら側では職人さんが修理の真っ最中。


 舞台の向かい側に回り込んで見ました。


 こちら側は比較的人が来ないので落ち着きます。


 舞台の下に回ると、お店が軒を連ねています。


 この辺は既に帰りの経路ですが、こちらも綺麗ですね。見上げると清水の舞台の足場が見えます。


 帰りに一服、という人向けのお茶屋さん。


 さて、何度も来ている所ですし、そろそろ次へ向かいましょうか。





日本 京都
第四回 南禅寺(2005年11月23日水曜日)
 紅葉の中、参道を進みます。


 すごい人ごみです。


 そう。ここは、石川五右衛門の歌舞伎の名ゼリフ「絶景かな、絶景かな」で有名な、南禅寺の山門です。


 ここは何の建物だっけ?


 琵琶湖から流れてくる(流れていく?)水道橋があることでも有名です。


 本当に人が多いですね。


 紅葉は黄色が多めできれいですけど。





日本 京都
第五回 哲学の道(2005年11月23日水曜日)
 哲学の道というところを歩いたことが無かったので歩いてみることにしました。


 ただの道なのに、異常なまでに混んでいて、とても思索を思いめぐらすというような環境ではありませんでした。


 ただ、さすがに紅葉は綺麗で、差し込む光で赤や黄が淡い色に輝いていました。


 このあたりは、もう少しあとまで紅葉が楽しめそうです。

日本 京都
第六回 慈照寺(2005年11月23日水曜日)
 さあ、こちらは慈照寺の庭園です。入り口から高い木で囲まれた細道を抜けると、枯山水の庭園がまず迎えてくれます。


 この周りをぐるっと回って、山のほうへと道は続きます。


 建物の中に入っている人がいますね。ここは普通に入れるのかな?


 庭園の向こうに見えるのが銀閣です。白と黒のコントラストがばっちり決まっている気がします。


 これは、たぶんお茶の水を取った水源。


 山の上からも銀閣を眺望できます。




 では、次の場所に向かいましょう。


日本 京都
第七回 鹿苑寺(2005年11月23日水曜日)
 バス停で降りて道路を渡ると、鹿苑寺の門が見えてきます。


 以前来た時はここはすでに枯れ葉でしたが、今は真っ赤にきれいに色づいています。


 ちょうど午後の日差しが反射して、金閣はキラキラ輝いていますね。


 水面に映る姿もきれいです。ちょっと現実のものではないみたい。


 池の周りをグルーっと進んでいくと、


 白蛇がなんちゃらいう池があります。正直、すでに良く覚えていません。




 では出口に向かいましょう。


日本 京都
第八回 龍安寺(2005年11月23日水曜日)
 鹿苑寺まで来ると、セットで龍安寺にも行きます。こちらは中学時代にインプットされた記憶があり、なぜかボクのお寺ランキングで上位に位置しているのです。


 中に入ると、まず池があります。




 で、有名な石庭。


 さあ、池の周りをグルーっと回って帰りましょう。




ホーム
inserted by FC2 system