炭火焼鳥さはら(西大井、焼鳥)基本情報

項目 内容
名称 炭火焼鳥さはら
ジャンル 焼鳥
主なメニュー 焼鳥、おつまみ、酒
住所 東京都品川区二葉2-13-8
電話番号 03-3783-5356
地図
より大きな地図で 飲食店マップ を表示

飲食店の一覧

炭火焼鳥さはら(西大井、焼鳥)訪問記録

常連さんがいっぱい

2012/09/13
評価:☆☆☆☆★
 本日は先客が2名いた。後からさらに1名。2名帰ってまた2名来店。中々商売繁盛で結構である。  トマト肉巻き、レンコン肉巻き(各180円)、ぼんじり、レバー、ヤゲン(各130円)と越州2合(600円)を注文。お通しは、冷や奴と茄子の味噌炒めの2品である。

 お通しを食べながら飲んでいるうちにレバーが登場。若干臭みがあるような気がしなくもないが、甘めのタレでいける。そしてレンコン肉巻き。こちらは5mm厚くらいのレンコン1.5枚に豚バラ薄切りが一巻きして塩コショウしただけなのだが、レンコンのシャキシャキ具合と肉の香ばしさがよく合っている。

 ぼんじりとヤゲンは同時にやって来た。レモンをひと絞り。ヤゲンはちょっと冷蔵庫の匂いがしなくもないな…。ぼんじりも普通か。でも、トマト肉巻きは、熱されたプチトマトがプチっとはじけてよい感じだった。
 さらに、つくね(160円)、皮(130円)と緑茶ハイ(350円)を追加注文。お隣のお話はヒートアップ中。酔っ払いの知ったか議論は突っ込みどころ満載だ。

 締めには焼鳥丼(スープ、漬物付き)550円をいただき、都合2,840円。焼鳥丼はねぎま2本とししとう1本を串から外して刻みのりを乗せたもの。たれが甘めで食が進む感じ。白菜と高菜の漬物小皿とぐい飲みの鳥スープがついているから、焼鳥の値段を考えれば結構お得なのかも。鳥スープは普通だったけど。

モクモクの煙

2012/08/21
評価:☆☆☆☆★
 今はもう寂れつつある商店街の中に、モクモクと煙を出している一軒の炭火焼鳥屋がある。この暑い夏の日に煙に誘われるのも一興と思い入店した。
 中は冷房が効いていて涼しい。カウンターが6席ほどと、4人がけのテーブル席がふたつ。元々はカラオケスナックだったのを少し改装したらしい。


ぼんじり


 メニューは当然、焼鳥が一通り。モモ、ネギマ、ハツ、ボンジリ、やげんまわり、やげん、レバー、皮、砂肝、ささみ、つくね等の定番と、ささみ梅しそ、トマト肉巻き、レンコン肉巻き、アスパラ肉巻き、茄子チーズなどの変わり種がある。

皮とヤゲン


 その他、ささみのお刺身やサラダ、唐揚げなどのおつまみ系や、焼鳥丼、雑炊、鳥スープ等の締め系のメニューも取りそろえられている。


しいたけとおくら


 ドリンクは、ビール、焼酎、ワイン、日本酒、チューハイ、ソフトドリンク。日本酒は越州と冷酒が置かれている。
 お値段は、焼鳥が130〜180円。おつまみ・締め系は200〜400円。ドリンクは200〜600円といったお手頃な価格設定になっている。


ささみ鳥刺し


 炭火焼鳥を銘打っているので、当然、炭火で焼くのだが、焼き時間に合わせて焼く順番を調整し、なるべく合わせて出せるようにしているところに気遣いが感じられる。

ささみ梅しそ


 そんなわけで、ささみやレバーは半生で、ぼんじりや皮はカリッと、肉巻きはスパイシーな仕上がりを楽しむことができる。

つくね



 欲を言えば、鶏肉自体に特徴が欲しいところと、お刺身はもう少し各種部位があった方が面白いかもしれない。でも、お値段と営業を考えれば、今のところは妥当な選択だろう。まだ開店して一年四カ月との事なので、これからに期待がもてる。
つくねとレバー


ホーム
inserted by FC2 system