PowerPoint 2007 でフッター情報を保存すると以前のバージョンでフッターを編集できない

 マクロとは少し違うのですが、Microsoft PowerPoint 2007のスライドマスタでフッタ情報(ページ番号/コピーライトなど)を設定すると、マスタを閉じた後でテキストボックス化してしまい、オブジェクトの全選択をするとずらしたくないのにずれてしまうという現象が発生します。更に悪いことに、Microsoft PowerPoint 2003で当該ファイルを開くと、フッタ情報が本当にただのテキストボックスとなってしまっていて、スライドマスタとして機能しなくなってしまいます。(1ページずつ編集するしかない)
 これは本当に困るので、何とか解決方法がないかと探っていたのですが、どうやら仕様で解決は不可能のようです。

PowerPoint 2007 でフッター情報を保存すると以前のバージョンでフッターを編集できない

2003 以前のバージョンの PowerPoint と PowerPoint 2007では、フッター領域の扱いが異なるために、この現象が発生しています。

2003 以前の PowerPoint では、フッター領域は表示位置が固定されており、直接編集することができない特殊な領域として構成されています。PowerPoint 2007では、フッター領域はテキスト ボックスとして構成され、マスタを使わずにスライドごとに配置や書式を設定することができます。

2003 以前の PowerPoint で作成されたフッターを含むファイルを PowerPoint 2007 で開くと、以前のバージョンと同じようにフッターとして [ヘッダーとフッター] ダイアログ ボックスで設定を確認することできます。ただし、PowerPoint 2007 でフッターの設定を含むファイルを保存した場合は、フッター領域はテキスト ボックスとして保存されるため、以前のバージョンの PowerPoint で開くと、[ヘッダーとフッター] ダイアログ ボックスで設定を確認することはできません。


 色々変えるのは良いのですが、互換性に影響が出るほど仕様変更して欲しくはない…。
ホーム
inserted by FC2 system